絵文字を効果に使おう

10月 28th, 2014

社会人として文章を扱うのであれば、句読点については正しく使っていく必要があります。
メールを打つときには、相手にも読みやすいように心掛けて、文章を構築していく必要があります。
相手が読みやすいと思える文章であれば、相手から自分に対しての好感も高まることになります。
出会い系サイトの中でも、相手が読みやすいと思えるメールを送ることができるように、意識してみましょう。

そのために、句読点を正しく使い分ける、読みやすいように工夫をして使うというkとがポイントになります。
ですが、逆に、出会い系サイトの中ではこういった事務的に見えるメールを嫌う人もいます。
かえって、それが真面目すぎるという印象を与えてしまい、マイナスになることすらあるのです。
場合によっては、社交的な文面よりも、コミュニケーションを重視したメールでの文章を考える必要があります。
出会い系サイトでは相手の顔は見えていませんから、基本的に文章から相手を判断するしかありません。

中には、大人の余裕があって落ち着いた人がいいと思っている人もいますが、そういった人ばかりではありません。
もちろん、それは句読点を一つも使わなければいいという話ではなく、それでは読みにくい文章になってしまいます。
読みにくい文章では単純に言いたいことが相手に伝わりませんから、その点は最低限盛っておかなければなりません。
出会い系サイトでのメールを少しでも明るくするための方法として、絵文字を使うという方法があります。
絵文字や顔文字を使って文面を明るく華やかにすることで、性格も明るいと思ってもらえることになります。
使いすぎも禁物ですが、あくまで少し文章を明るくする程度の使い方であれば、顔文字や絵文字を使って感情をうまく伝えられるように、メールを工夫してみましょう。

プロフィール写真

10月 28th, 2014

出会い系を使っていると、本当に本人なのだろうかと思うような、かわいい写真がプロフィールに貼ってあることがよくあります。
プロフィールの写真を信じて、実際に会ってみたら、まるで別人だったという話を、ネット上の出会い系体験談などでよく見かけるので、たまに疑問に思うのです。
もちろん、見た目の情報が一番ダイレクトに伝わるのが、プロフィール写真だと思います。
その重要なプロフィール写真に、少しでもかわいく見えるものを使いたいと思うのは、当たり前のことです。
しかし、実際に会ったときに、イメージの落差があまりにも大きいことは、逆効果だと思います。
私は、そのように考えているので、ちょっと写りが悪いかもというぐらいの、キメ顔ではない写真を選ぶようにしています。
リアルさが出るし、実際に会ったときに、写真よりかわいいと思われたほうが、何かと得だと思うからです。
写真の段階で、不細工だから会わないと思われることもあるかもしれませんが、そういう男性は、実際に会ってもうまくいかないと思うので、逆に好都合だと思います。

イケメン相手でも積極的に

10月 28th, 2014

出会い系サイトのプロフィール写真を見ると、イケメン、もいます。写真ですからどこまで本当が分かりませんが。相当なイケメンだと、自分なんか相手にされない、と思ってしまう人もいるかもしれませんが、そんなことはありませんよ。イケメンなのに出会い系サイトに登録するなんて、相当遊びたい、か、イケメンすぎてモテない、という可能性もあります。あまり美人すぎる人がモテないように、イケメンすぎてもなかなか女性が声をかけてこなかったりするものです。だから出会い系サイトなどで、自分を分かってくれる女性を探しているイケメンもいるのです。

なので、イケメンだから諦める、ということはせずにもし気に入った彼なら、こちらから積極的にアプローチをしていきましょう。メールをやりとりしている中で、相手の顔以外のことを褒めてあげることが重要ですよ。イケメンに顔のことを褒めても、言われ慣れているので心に響きません。メールではもっと内面的なお話をしたり、男性らしいエピソードを聞き出して、彼の自尊心をくすぐってあげましょう。自分の顔だけでなく、内面も分かってくれる女性、にイケメンは特に弱いのです。